手間暇かかったお弁当で幸せ&満腹なひととき

銀座アスター。
それは地方出身者である私が初めて入った高級中華。

ご一緒しためっぽう年上の方が「私は、ここではいっつも、セロリー麺と春巻き」とおっしゃり、あああ、なんか格好良い。これが都会ってやつかーと感動したものです。

そのころの私の常識じゃ、御老体はレストランに行ったら、肉ないしは魚という、わかりやすく「ご馳走感」のあるオーダーしたがるもんだと思ってましたからね。
「セロリー麺」という言葉から匂い立つインテリジェンスにクラクラしたものでした。

一方、時は流れ、ある日の私は空腹を抱え、伊勢丹新宿点のデパ地下をウロウロ。
肉食べたい、肉。と、つぶやくのでした。
はは。
まあ、猛暑が続く今日このごろですから、上質なタンパク質を摂取してお肌の再生を促さなきゃですし。

IMG_6558
というわけで。

IMG_6559
今回、お買い物をしたお店は…あ、こんなふうに表記するんですね。

IMG_6561
そう、銀座アスターでお弁当を買いました。

IMG_4702
こんな感じで名称が「お弁当」。
なんてシンプルな。

IMG_6564

後ろの箱は後にお楽しみ。

IMG_6562
…………………………………
銀座アスター
お弁当
972円
…………………………………
じゃじゃーん。
おいしそうですね。

おかずがいっぱい。
いったい何品あるのでしょう。
順番に食べていくこととしましょうか。

IMG_6571
まずは…これ、なんだろ?
鶏肉?
甘酢っぽい匂いの赤いタレと…あとは数本の細切りの人参が。

IMG_6579
んー、いや、魚だ。
魚にコロモをつけて揚げて、ケチャップ系な甘酢。ほんの少しピリ辛。
んー、懐かしい感じの落ち着く味。
どこかで食べたことがあるようなないようなノスタルジック。
おいしい。

あれ?でも、さっき、別のところにエビチリあったよね。
味付けカブってるんじゃ?

IMG_6575
そう、これこれ。
このカボチャの手前にあるエビチリは、さっきの魚とは味付けが……

IMG_6581
違う。
へー。
こっちは、もっと強く豆板醤の味がします。

そら豆をしっかり発酵させた、本格的な豆板醤って、ほんとおいしい、代えがたい味がしますよね。
たまに四川系の中華料理屋さんでそら豆がちゃんと潰れきってない豆板醤(まるで大豆のクランチがゴロゴロ入っている田舎味噌みたいなやつ)があるけど、あれ、なんか得した気分になります。豆鼓ともまた違って、あの香りがブワンとしてて。どこに売ってるんだろ。まさか自家製?

話を戻します。
このエビチリ、食感が強い。
筋繊維をブチチチっと噛みちぎっている感。
楽しいですねー。

IMG_6584
で、エビチリのソースがガッツリ付着しちゃってるカボチャ。
大丈夫かいなと思いきや、あ、ソースとカボチャがなんか、あう。
「アリだな」というよりは、積極的においしくなっている。

カボチャ自体は、旬ということもあってか、味と風味が強いですね。
エビチリソースに負けてないぞ。
いいぞいいぞ。

IMG_6577
ご飯、ツブが大きくて、モチモチ。
これがオカズに負けない系のお米ってやつかー。

IMG_6570
次はコレに手を出してみましょう。
野菜と……?

IMG_6586
イカだ。
しかも包丁がめちゃいっぱい入れてある楽しいやつ。中華っぽーい。

うん、これ、プキプキとした食感が実においしい。
たぶん、小さめのスルメイカ。
で、味付けは、上湯と塩だけ、みたいなやつ。

添えてある、ほんの10秒そこら茹でただけみたいな人参とアスパラが、この淡白な味付けを際立たせてます。ああ、上手にできているなあ。

IMG_6589
次はついに、この味が濃そうなゾーンに突入。
この弁当のメイン、ハイライトと言っても過言ではないでしょう。

IMG_6593
真ん中のは、ザーサイ、たけのこ、豚肉の細切りをあわせた塩味の炒めもの。

うん、ザーサイの発酵味と、たけのこの相性が抜群。
うま味が濃いのに塩が弱めで、無限に食べられるやつだ。

IMG_6599
こっちの大きな揚げ物は……ん?あれ。ひとつが豚肉、もうひとつが鶏肉だ。

しかもそれぞれ、お肉が煮てある。
たっぷり味を含ませたお肉にコロモを付けて、揚げ、それをさらに甘じょっぱい照り焼きチックなタレにドボンな食べ物。手間がかかりすぎ系の食べ物だ。
ああしかも、こりゃオカズとしてのパワーが、ものすごく強いじゃーんと、自然と顔がにやけます。

IMG_6605
ふー。
そんで、最初からずーっと気になっていたこの肉団子は、この弁当イチの濃い味。中にクアイ的なシャキシャキが入っていて、実に食感豊か。
あはは、おいしい。

先程のザーサイたけのこ炒めと、この肉団子が個人的にはお気に入りナンバーワンとなりました。

IMG_6608
そして、今回は、最後にお楽しみ付きなのです。

IMG_6609
じゃん。

IMG_6611
…………………………………
銀座アスター
マンゴープリン
432円
…………………………………
そう、マンゴープリンです。

マンダリンオリエンタル千疋屋総本店と立て続けにおいしいマンゴープリンを食べて、マンゴープリン機運が高まりきっている今日このごろなものでして。

さあ、食べてみましょう。

IMG_6617
まずは上部に3つ、ゴロリと鎮座しているマンゴーの果肉を食べてみると、ん、これは糖度高めなコンポートなのかな。下の上でホロリと繊維がほどけます。

IMG_6620
トロリとしたマンゴーシロップ層の下から、白っぽいプリンがお目見え。

IMG_6623
おっ、これは珍しい。
マンゴー味薄めの、牛乳プリン的なプリンです。

そうかそうか、このツルッとした喉通りの良いやつに、わわわってくらい甘いマンゴーソース。
中華料理をお腹いっぱい食べた後でもこれなら、チュルルっと食べられるし、お腹にやさしいし、満足感もばっちり。
きっと、そういう用途のマンゴープリンなんですね。

いいなあ。アスターに行って、もうお腹いっぱいで何も食べられないけどマンゴープリンなら一口だけ食べられる!とか言ってたのに、結局全部食べちゃったよーとか言いたいなあ。

ああ、ああ、満ち足りた。
ごちそうさまでした。

…………………………………
「銀座アスター」(ぎんざあすたー)
1926年、昭和元年の創業という、超老舗の中華料理店。
銀座一丁目に本店を構え、さまざまな業態で50を超える店舗を展開。
ここのなにが凄いかって、上品かつ気さく、しかも立地が良く、どの店も通し営業(すごい!)。
急なお食事・会食の用にほんと重宝します。
感謝!
…………………………………