伊勢丹3Fのエッジーなカフェでお得なランチを食す

珍しく伊勢丹で昼食をとる機会があったので、どのようなお店だったか、感想をメモしますね。
伊勢丹本館3Fの、ビストロ「LADIES&GENTLEMEN」です。

会社の後輩が、「ランチしに行くんですけど、意外に安くて食べでがあって、便利な店ですよー」と言っていたので、行ってみたかったんですよ。

訪れたのは平日の11時15分くらい。
客席はボックス20席くらい、中央の大きいテーブル10人くらいだったかな。
開店時間とランチタイムのスタートは同じ10:30で、入った時点では6割くらいの席が埋まってました。

フロアに出ているサービスマンは3人はいたと思います。
ゆとりある人員配備ですねー。
しかも皆スーツ、ないしはそれに準じるような服を着ている男性。
サービスマンがいかにも専業のプロでございって感じの人ばかりだと、安心感がありますよね。

さて、席にあったメニューブックは3冊。
グランドメニューと、ドリンクメニューと、ランチのあーだこーだが書いてあるメニュー。
ランチメニューに指定されているものから選ぶとドリンクが無料で1杯つくサービスで、1700円から2000円くらいで10種類ほど。

M1
私は「熟成肉の塩ハンバーグ トリュフ塩とデミグラスソース添え」1998円をオーダーしました。
無料のドリンクはコーヒーかアールグレイティー。
ともにhot or coldが選べたので、アイスティーを選びましたよ。

M2
一緒にいた友達は「スフレオムライス」1782円。
こっちはランチメニューに入ってなかったので、ドリンクのサービスは無しです。

オーダーを終えたころには席は8割がた埋まり人気を伺わせます。
平日の昼間ということもあるのでしょう、お客さんは9割が女性。

中央テーブルまわりはスペースに余裕があり、畳まないままのベビーカーを横付けしたママ&乳幼児も。
子供が泣きはじめるとスタッフが笑いかけたりしていて、いい感じです。
フランス!って雰囲気を標榜しているカフェだと赤子フレンドリーじゃないお店ってたまに見かけますからね。
いくらフランス人は大人の時間を大切にするんザマスとか言われても、レストランじゃなくてカフェですから。
子供連れOKにしてくれないとこちとら平日昼間に一緒にご飯できる友達そんなに多くないよ!って感じですもん。
まあ、つまりは、こういうお店は助かるよね、ということです。

さて、あれこれおしゃべりしているうちにまずはアイスティーが到着。
食前or食後などは尋ねられなかったので、用意でき次第で配膳される仕組みのようです。

アイスティ、香りがハッキリしていておいしい。無料サービスのお茶としてかなりレベル高いのでは……などと思っているうちに料理が到着。
オーダーしてから10分くらいでしょうか。
混んでいるわりに早い。
でも、私のハンバーグが到着してから友達のオムライスが到着するまで2~3分はありました。
マイナス1点。

さてさて、お料理です。
IMG_4132
………………………………
LADIES&GENTLEMEN BISTRO CAFE(レディース&ジェントルマン ビストロ カフェ)
熟成肉の塩ハンバーグ
1998円(パンかライスを選択)
※10:30〜14:00のランチタイム時に利用できるランチセットメニューにて選択。コーヒーかアールグレイ(ともにhot/coldを選択可)が付属。
…………………………………
わお、美味しいそう。

IMG_4134
ぷっくり膨らんだ、ぶ厚いハンバーグ。

IMG_4136
カッコいいミニソースパン(こういうやつ高いんだよな…)に入ったデミグラスソースと、

IMG_4137
トリュフ塩。

IMG_4135
たっぷりのフライドポテトも添えられてボリュームは十分です。

IMG_4138
ライスorパンで選択したパンも別皿でついてきましたよ。
皮が薄めのバゲットと、ちょいとリッチな素材感の角パン、2種類です。

さて…。
IMG_4143
いただきまーす。
うん、おいしいおいしい。
ああ、ぜんぜんソースとか必要ないくらいに味がちゃんとしている。
「塩ハンバーグ」ってなんだろう。塩麹? と思っていたのですが、別に麹臭はしないので単純に塩味がちゃんとついているよ!ってことなのかな。
よくわかりませんが、お肉、おいしい。

ハンバーグって変にスープが練り込まれていたり、中に仕込まれていたりして「肉汁たっぷり」「肉汁ほどばしります」「肉汁が飛ぶので注意」とかやりがちですが、ああいうの要らないんですよね。
こちらのハンバーグは「おいしいお肉を粗挽きにして、最低限のつなぎで作りました」って味で最高。

包丁で叩いて作ったとしか思えない粗挽きの肉は素晴らしい噛みごたえだし、噛みしめれば噛みしめるだけじわじわと旨味が染み出します。
ほんと最高。

IMG_4152
サラダもピッと活きの良いビネガーが効いていて付け合せとして100点満点です。

というか、ソースおいしいなあ。
トリュフ塩も素晴らしい相性。
ワイン飲みたい…。

IMG_4147
………………………………
LADIES&GENTLEMEN BISTRO CAFE(レディース&ジェントルマン ビストロ カフェ)
スフレオムライス
1782円
…………………………………
友達のスフレオムレツも、2~3口ほどもらいました。

…ああ、これ、おいしい。
巨大なスフレオムレツで知られる某行列店よりも3倍おいしい…。
というか私、スフレ料理を初めておいしいと思えました。

IMG_4148

あとね、ハンバーグに少量ついていたものを食べたときにも思ったのですが、このスフレオムライスにダバダバかかっているデミグラスソースがとにかくおいしい。

私、デミグラスソースって、すごく好きってわけじゃないんですよね。
というのも、……えーと味とコストの相関が強い? 味と値段が比例しすぎ? あーつまり安いデミグラスはおいしくない。値段を出すとおいしい!って強く思うので、がっかりしたくなくて、基本的にデミを避ける傾向にあるんです。
学食みたいな化学調味料まみれの超素朴ラーメンとか、そば粉1割くらいしか入ってない?みたいな立ち食いそばとかが大好きな私も、デミに関しては「安いなりにおいしい」って思ったことないんですよ。なんでですかね。

IMG_4149
あと、意味不明なほどにチキンライスもおいしい。
どうしてこんなふうにできるんだ?
謎です。

さて以上、伊勢丹新宿店本館3F「LADIES&GENTLEMEN」でランチを食べてみた感想でしたが、なかなかおいしいものですね。想像以上でびっくりしました。

デパートご飯って、「買い物の流れのままノンストレスで食事に移行できる」とか「待ち合わせに便利」とか、「最低限以上の接客を期待できる」などなど様々なメリットがあるので、そういうものを優先させたいときに選びがちですよね(ホテルレストランのご飯と近いイメージ)。
ですが、こちらのお店ならば味を目的に入ってもガッカリはしないんじゃない?と思いました。

なにより高騰し続けている昨今の東京都心ランチ相場を考えみれば、シチュエーションの良さ、接客の良さ、味の良さ、さらに選べる料理の選択肢の多さなどを加味して2000円という値段がコスパ良好であることは疑いようもありません。

しかも今調べたところ、デザート類はサダハルアオキが監修ですって。
まだまだ調査が必要そうな店舗であることは確かですね、こりゃ。

…………………………………
「LADIES&GENTLEMEN BISTRO CAFE」(レディース&ジェントルマン ビストロ カフェ)
伊勢丹新宿店の本館3階。
バレンシアガの斜め向かいで、セリーヌの隣。メンズ館からのアクセスも良し。
フードプロデュースは、「オーギャマン・ド・トキオ」の木下威征。ケーキプロデュースは「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の青木定治。トータルプロデュースはあのインテリアデザイナー森田恭通。
ラグジュアリーというよりはモダンな雰囲気のカフェで、居心地良かったです。
カトラリーはSUNAOのものでした。
…………………………………